新着情報&コラム

家の寿命をのばすために行う外壁塗装
2021/04/20

「外壁のメンテナンスは大切です」といわれても、どうして必要なメンテナンスなのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか?

 

外壁のメンテナンスを行う理由は、定期的に補修や塗装を行わないと、外壁自体がボロボロと剥がれてきたり、外壁のボードとボードを繋ぐシーリング材が剥がれたり、外壁にヒビが入ったり、外壁の割れやヒビの箇所から建物内部に雨水が侵入して雨漏りを起こしたりなどの建物を傷める恐れがあるからです。

室内への雨漏りがなければ大丈夫なのでは?と思われる方は、建物の構造を考えてみてください。

外壁から室内への雨漏りが起こるということは、建物内部に雨水が相当量含まれていることが考えられます。

建物内部、つまり建物を支える外壁や建材に水が染み込んでいるということは、建物の構造に劣化が起こっている可能性が高いです。

紫外線などで外壁全体が経年劣化して剥がれる状態だと、建物を守ることができずに水が入ったり、建物の劣化が進むことで結果的に家の寿命を短くすることになってしまいます。

外壁塗装を行うことは、外からの見栄えをよくするだけでなく、家の寿命をのばすためのメンテナンスです。

川越、鶴ヶ島、坂戸近辺の外壁塗装、屋根塗装のことならお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから